top of page

App SheetとLooker Studioを用いて、バーコードスキャンで在庫管理する方法

更新日:2023年8月3日


SOARIGのみなみです。顧客のDX推進をサポートしています。

Google Workspace、App Sheet、Looker Studioに関するお問い合わせはこちら

導入事例はこちら

この記事では、Google ソリューションを活用して

①バーコードスキャンを用いた在庫管理の例を紹介します。

この記事は以下の方に役立ちます。

  • App Sheetの活用を検討している

  • App Sheetを活用した在庫管理を検討している

  • Looker Studioの活用を検討している

  • データを可視化して、業務を効率化・改善したい

活用するソリューションは以下の通りです。

  • App Sheet →Google社のノーコード開発プラットフォーム

  • Looker Studio →Google社のBIツール

目次

登場人物

  • 仕入担当者 →商品や備品など自社で取り扱うアイテムを仕入れる人

  • 倉庫担当者 →商品や備品などの入出庫を管理する人

  • 管理者 →在庫状況を把握する人

アイテムとバーコードを紐づける方法

以下のフローを想定して説明します。

1.仕入担当者が仕入先の営業担当者へアイテム説明書を要求する。

→後述する3.で登録するアイテムの情報を把握するために要求します。

2.仕入先の営業担当者から仕入担当者へアイテム説明書が送られる。

3.仕入担当者がApp Sheetでアイテムの基本情報(アイテム名・カテゴリ・画像・バーコードなど)を入力する。

→バーコード項目の右端のボタンをクリックすると、カメラが起動し、カメラでバーコードを読み取ります。そうすると、以下のようにバーコードの文字情報を取得します。


4.完了。


バーコードスキャンを用いた入出庫管理の例

以下のフローを想定して説明します。

1.仕入先からアイテム(商品や備品など)が倉庫へ送られる。

2.倉庫担当者がアイテムを検品する。

3.倉庫担当者がスマホでバーコードをスキャンし、アイテム読取後、入庫(出庫)数量・入庫(出庫)担当者を入力する。

→バーコード項目の右端のボタンをクリックすると、カメラが起動し、カメラでバーコードを読み取ります。そうすると、以下のようにバーコードの文字情報・画像・アイテム名・在庫数が表示されます。

4.完了。




App Sheetで在庫の状況を確認する

管理者は、以下のような画面でアイテムごとの在庫数、入出庫履歴を確認することができます。ワンクリックで以下の画面に遷移することができるので、アプリの操作も簡単です。


Looker Studioで在庫の状況を確認する

App Sheetでも在庫の状況を確認することはできますが、Looker Studioを使って、在庫の状況を確認することもできます。

以下はピポットテーブルを活用して、日ごとの入出庫実績と販売実績を一覧で表示しています。

「期間を選択」を自由に指定することが可能で、例えば、前月の実績を確認したり、月初になったら前月の実績レポートをメール送信することも可能です。


終わり

Google ソリューションを活用して、バーコードスキャンを用いた在庫管理の例を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

今回はシンプルな在庫管理の紹介でしたが、ロット管理を取り入れたり、購買管理・販売管理と連動して在庫管理を行うことも可能です。

弊社は、中小企業の業務改善に注力しています。社内業務でお困りでしたら、こちらから

お問い合わせください。

他社への導入事例に興味がございましたら、こちらにインタビュー記事を用意していますので、是非ご覧ください。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page